基本方針

当事務所は、社会、依頼者、所員に対して以下を基本方針として執務を行っております。

  1. 社会に対して持続可能なまちづくりに貢献すること
    • 不動産に関する案件、外資企業の誘致案件の経験を積み上げ、弁護士会の委員会・行政の審議会の活動を通じてまちづくりの立法・政策の提言を行っています。
  2. 依頼者に対して質の高いリーガルサービスを提供すること
    • 質の高いリーガルサービスを提供するため、依頼者のビジネスを理解すること、チーム体制で事件処理することを大切にしています。
  3. 所員に対して家庭を大切にしながら成長できる環境を提供すること
    • 弁護士2名は子育て世代です。家庭を大切にしながら専門性を高められるようタイムマネジメントを徹底しています。

組織体制

当事務所は、以下の4名で執務を行っております。

 弁護士 2名(60期男性、73期女性)

 事務職員 1名

 中国語通訳 1名

沿革

当事務所は、1975年山本幸雄司法書士事務所の開設から25,000件を超える不動産取引、不動産登記の案件を扱ってきました。 

 1975年 山本幸雄が山本幸雄司法書士事務所を開設しました。

 2001年 司法書士が加入しウィル合同法司法書士事務所に改称しました。

 2003年 山本寛がウィル合同司法書士事務所に加入しました。

 2014年 山本寛がウィル合同法律事務所を開設しました。

 2021年 松本千賀がウィル合同法律事務所に加入しました。